ブログ

菊友会大会での挨拶から

「九段」は永遠に続く  高野会長
今年の出席者は昨年を若干下回る190人にとどまったのは主催者として残念だ。来年はこの広い会場をいっぱいにしたいのでご協力をお願いする。九段は今年が創立80周年。11月に記念行事を開催する。千代田区への移譲問題だが、10月14日に東京都教育委員会から正式に千代田区立中高一貫校開設の認可がおりた。新聞で報道されたが、中には九段高校の跡地に学校を作るという、今の校舎がなくなってしまう印象を与える記事や、九段高校は廃校になると書いた記事もあった。これはまったくの間違い。同窓会としては千代田区教委にマスコミ各社への正確な周知を申し入れた。校名には「九段」を入れるのが移譲の条件だから、「九段」は永遠に続く。
恩返しをしたい  九段高校・齋藤校長
九段ではかつて14年間、世界史を教えていた。31歳で着任した。忘れられないのは最初の授業。教室の対角線の生徒がテニスを始めた。とまどったが「今は体育の授業ではありません」といって淡々と授業を続けた。後でクラスの担任に話したら「九段の生徒は新任教師を試す。動揺したら九段にはいられない。八重子先生は立派に試練を乗り切ったのです」といわれた。
きょうはたまたま授業公開。昨年より多い700人近くの人が来た。九段はそれだけご支持とご理解を得ている。80年の伝統は千代田区立の中等教育学校に確かな形で引き継がれる。そういう意味で30代から40代にかけてお世話になり、大好きな九段高校に恩返しをしたい。

菊友会大会に福引の景品を提供された方々(敬称略)
森  大作 (中11) 「至大至剛」の書額 1枚
橋本 政雄 (中13) 文明堂のカステラ 6個
吉田 忠夫 (中16) ボルドーワイン 3本
鈴木 謙一 (中21) 東京會舘洋菓子 10個
小高 登志 (高3) ウニの瓶詰め 2個
大井 基臣 (高4) 宝来屋羊羹 10本
髙野 光正 (高4) 図書券 2組
宮島  徹 (高7) 丹後久美浜の鯛せんべい 3個
内田 栄一 (高8) お玉ヶ池「ふな亀」ペアご招待券 5組
岡田  繁 (高9) 石坂ゴルフ・メンバー並プレー券 3組
馬渕 義彦 (高13) Tシャツ 4枚
相原  学 (高39) 記念切手ほか 2組
菊 友 会 「至大荘」ラベルの日本酒2本組 6組
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページ上部へ戻る