ブログ

菊友会名簿の発行を止め、会員情報はデータベースで管理します。

5月24日(土)の評議員会で菊友会規約第3条1号が改正され、従来菊友会の事業である「会員名簿及び会報の発行」が「会員名簿の保守・管理及び会報の発行」となりました。これにより菊友会は名簿を発行しないことになりました。会員名簿の作成は、会員の活躍等を知るために必要と考えられてきましたが、現在では名簿業者等の会員情報売買の対象とされ、勧誘の電話やダイレクトメールに使用、振り込め詐欺にも利用されていると聞きます。このような名簿の悪用を防ぎ、会員の個人情報を守るためにはその発行を止め、会員の個人情報をすべて菊友会のデータベースで管理することが必要というのが規約改正の趣旨です。データベースの中でのみ会員情報が管理されますから、個人情報が外部に漏れる危険性はなくなります。名簿発行を止めるに伴いクラス会、同期会、OB・OG会などを行うのに他の菊友会員の連絡先等をお知りになりたいときは菊友会事務局にお申し出下さい。またデータベースの正確性を保つため、会員の皆様には、住所等に変更があったときは、速やかに菊友会事務局まで連絡をお願いいたします。

(名簿委員会)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページ上部へ戻る