ブログ

高28 3年7組クラス会

卒業40年の節目の年、9月11日に新橋で斎藤光司先生を14人の級友が囲んだ。遠くはカナダからの一時帰国、鎌倉、そして信州の山中(斎藤先生)からと駆け付け、卒業以来の再会もあり、あちこちで「変わっていないね」「君も」の応酬。79歳の斎藤先生の「誰だっけ」も飲むほどに酔うほどに「ああ、君は」と酒精が触媒となり記憶が蘇る。「君たちは3年間クラスも担任も同じだったから特に印象深い」。

それぞれの生き様に九段時代の面影を重ねながら、早逝せし友を偲び、消息不明の友を憂い、欠席の友を肴に杯を重ね、皿を平らげ楽しい「時空の旅」を過ごした。10年振りの同期会開催を幹事に託し、再会と各自の健康を期して散会した。(大塚智彦)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページ上部へ戻る