菊友会通信

  1. 11月19日(土) 集まろう 菊友会大会

    第一東京市立中学校=東京都立九段中学校=東京都立九段高等学校の同窓会「菊友会」の年に一度の大会が今年も開かれます。今年は創立81周年。大正、昭和、平成の時代を経験している幅広い世代の同窓生が一堂に集まる場です。今年も会場、料理ともに好評の東京丸の内・東京會舘です。

  2. 74号から~前号以降にご逝去が判明された方~

    敬称略は略させて頂きました。

  3. 菊友会大会に185人出席

    新潟県中越地震、会場も一時大揺れ平成16年度の菊友会大会は10月23日、東京・丸の内の東京會舘ローズルームで開かれた。大会参加者は来賓を含めて185人。昨年より若干少なかったが、母校が第一東京市立中学校として発足してから80周年に当たるため、長い歴史を語り合う参加者が多かった。

  4. 菊友会に人材バンク開設

    母校での講演依頼に対応九段高校から菊友会の事務局に時々、学校での生徒向け講演会の講師の依頼があります。事務局ではテーマに応じて名簿から適当と思われる人材を探し出し、本人に依頼したり、学校に紹介したりしています。

  5. 母校80周年 菊友会大会でお聞きしました

    思い出に残るあのこと、このこと、あの先生母校創立から80周年。10月23日の菊友会大会に出席された方々から思い出に残る恩師や出来事をお聞きしました。◆中10・安本(鈴木)正さん 最大の思い出は冬の至大荘。

  6. 菊友会大会での挨拶から

    「九段」は永遠に続く  高野会長今年の出席者は昨年を若干下回る190人にとどまったのは主催者として残念だ。来年はこの広い会場をいっぱいにしたいのでご協力をお願いする。九段は今年が創立80周年。11月に記念行事を開催する。

  7. 至大荘懇親会に90人

    遠泳体験は今も生々しく、生涯の宝台風16号の影響で降り止まぬ雨の中、至大荘懇親会は8月28、29日の両日、至大荘養氣閣(食堂)で夕方6時から始まった。

  8. 至大荘歌誕生秘話

    作者は山田直志さん校歌とともに機会あるごとに歌われている至大荘歌。九段を代表するこの愛唱歌、作詞作曲は大先輩山田直志さん(中2)です。至大荘歌のデビューは昭和4年冬。「至大荘感想会」の時に中学5年生だった山田さんが自作の詩と曲を発表した、まさにその瞬間です。

  9. 5年連続の赤字!菊友会財政ピンチ

    菊友会は九段高校卒業生が拠出する維持会費によって運営されております。母校は今年80周年を迎えましたが、記念すべき本年度も5年連続して赤字財政で、過去の先輩の遺産を取り崩すことになりそうです。菊友会は平成18年には千代田区立中等教育学校同窓会(名前は菊友会の予定)に引き継がれます。

最近の記事

2019年度菊友会行事カレンダー

4月11日(木)   菊友ゴルフ大会 石坂ゴルフ倶楽部
5月18日(土) 評議員会 九段中等教育学校
8月24日(土)~25日(日) 至大荘懇親会 至大荘
10月20日(日) 菊友会大会 ホテルグランドパレス
10月27日(日) 第27回東京校歌祭 杉並公会堂
11月17日(日) 関西菊友会 大阪キャッスルホテル
11月20日(水) 第68回菊友ゴルフ大会 佐倉カントリークラブ
◇高21回卒業50周年同期会 6月1日(土)ホテルグランドパレス
ページ上部へ戻る