菊友会通信

  1. 平成27年度至大荘懇親会

    撮影:原田忠禮(高21)初めて参加した至大荘懇親会懐かしい至大荘と守谷の海。早く行きたいというわくわく感と、殆どの方が初対面という不安な気持ちで東京駅を出発しました。不安はあの頃の懐かしい景色とともに払拭されました。

  2. 復活第8回マスコミ菊友会

    6月10日、第8回復活マスコミ菊友会は、初めての会場LEVEL XXI 東京会館で開催され、53人の参加で盛況のうちに終わりました。最年長は、「黒猫のタンゴ」作曲家の小森昭宏氏(高2)、最年少は記録更新の駒澤大学2年生吉田直人氏(中等5)。

  3. 第23回東京校歌祭 杉並公会堂

    晴天の11月3日(祝)杉並公会堂には開場時刻の12時になると参加者が続々と集まってきました。どの方も若々しい笑顔。久しぶりに出会う同窓生との楽しそうな会話がホールいっぱいに広がり、一瞬にして活気に満ちた会場になりました。

  4. 戦争混乱時の母校生活〜塚本正人氏(中20)

    “終戦前後の九段での6年間で鍛えられた心身は卒業後の会社勤めのどんな逆境をも跳ね返す力となった”と大先輩は語りました。やっと秋になった10月に広報委員は塚本氏(中20)からお話を伺う機会を得ました。

  5. 菊友会員から推薦する2冊

    ◯「生命の星の条件を探る」 阿部豊(高30)著阿部豊氏が書いた<地球以外のどこかに>で始まる本が話題になっている。東京大学理学系准教授の彼が表した「生命の星の条件を探る」昨年8月文藝春秋社刊。税込1,512円。著者と親しい天文部同期の久光章氏(高30)から小文が寄せられた。

  6. 寄贈図書紹介

    ◯礒野衛孝(高3)著「鎌倉漫歩詩草」自費出版 ◯井上輝子(高12)著「田中寿美子の足跡」女性会議 ¥1,500+税◯今野寿美(高23)著「恋に揺れる野の花々」他3冊永岡書店 ¥1,068+税◯文・長繁樹(高28)主編・...

  7. “伝統継承HR” 昨年も九段の心を伝えました

    6月24日、1年生を対象に伝統継承HRを実施。菊友会理事が2人1組になり、各クラスで給食を皆と楽しく食べた後、スライドを使って、校名の変遷、初代成田校長の思い入れ、校歌にまつわるエピソード、種々の行事等を話しました。特に至大荘とクロカンに質問が集中!少しでも不安が除けたらと誠心誠意お答えしました。

  8. 法人九段だより

    尽性園にギャラリー開設法人九段事務局は、尽性園1階フロアに小規模な写真ギャラリーを設けた。昭和12年開園時から現在までの写真10枚をパネルにし展示している。

  9. 高19 第41回トーク会ゴルフコンペ

    10月16日、高19ゴルフ会が富士小山CCで開催されました。今回は6組22人、女性は6人が参加、心配された天気も曇りから午後は青空も見え快適なコンディションの中で、トップしたりダフッたりOBしたりナイスショットしたりと楽しい時間をみんなで過ごすことができました。

最近の記事

2019年度菊友会行事カレンダー

4月11日(木)   菊友ゴルフ大会 石坂ゴルフ倶楽部
5月18日(土) 評議員会 九段中等教育学校
8月24日(土)~25日(日) 至大荘懇親会 至大荘
10月20日(日) 菊友会大会 ホテルグランドパレス
10月27日(日) 第27回東京校歌祭 杉並公会堂
11月17日(日) 関西菊友会 大阪キャッスルホテル
11月20日(水) 第68回菊友ゴルフ大会 佐倉カントリークラブ
◇高21回卒業50周年同期会 6月1日(土)ホテルグランドパレス
ページ上部へ戻る