菊友会報96号

  1. 宮中歌会始の選者は九段卒業生 〜歌人 今野寿美さん(高23回)〜

    1952年東京生まれ。学生時代、日本の古典文学に親しんだことから短歌の実作を始め、1979年「午後の章」50首により第25回角川短歌賞受賞。1992年、三枝昂之らと隔月発行の歌誌「りとむ」を創刊、現在編集人を務める。宮中歌会始選者。日本文藝家協会、現代歌人協会会員。

  2. 学校へお花を寄贈

    菊友会から母校への支援活動のひとつとして、昨年の4月より毎月、校舎玄関の正面や階段踊り場に生花が飾られています。

  3. 特別講演 楫取能彦氏(高17)

    撮影:藤代興里(高18)“吉田松陰の義弟にして盟友” 楫取素彦の生涯先祖が大河ドラマに平成27年のNHK大河ドラマ「花燃ゆ」のヒロイン杉文(のちの楫取美和子)の二度目の夫である楫取素彦は私の高祖父です。私は素彦から5代目の玄孫になります。

  4. 第33回関西菊友会総会

    11月7日大阪キャッスルホテルにて35人の出席、菊友会より赤司会長、副会長、理事長・元顧問の5人の参加を得て開催。

  5. 第60回菊友ゴルフ大会開催

    10月8日(木)秋晴れの絶好のゴルフ日和の中、埼玉県の石坂ゴルフ倶楽部において、恒例の菊友ゴルフ秋の大会が開催されました。参加会員は32人(うち女性会員8人)で高3から高34まで幅広い年齢層の皆さんが和気あいあい、楽しくプレーし、終了後はコンペルームでの表彰式でもろもろの話が尽きませんでした。

  6. 平成27年度至大荘懇親会

    撮影:原田忠禮(高21)初めて参加した至大荘懇親会懐かしい至大荘と守谷の海。早く行きたいというわくわく感と、殆どの方が初対面という不安な気持ちで東京駅を出発しました。不安はあの頃の懐かしい景色とともに払拭されました。

  7. 復活第8回マスコミ菊友会

    6月10日、第8回復活マスコミ菊友会は、初めての会場LEVEL XXI 東京会館で開催され、53人の参加で盛況のうちに終わりました。最年長は、「黒猫のタンゴ」作曲家の小森昭宏氏(高2)、最年少は記録更新の駒澤大学2年生吉田直人氏(中等5)。

  8. 第23回東京校歌祭 杉並公会堂

    晴天の11月3日(祝)杉並公会堂には開場時刻の12時になると参加者が続々と集まってきました。どの方も若々しい笑顔。久しぶりに出会う同窓生との楽しそうな会話がホールいっぱいに広がり、一瞬にして活気に満ちた会場になりました。

  9. 戦争混乱時の母校生活〜塚本正人氏(中20)

    “終戦前後の九段での6年間で鍛えられた心身は卒業後の会社勤めのどんな逆境をも跳ね返す力となった”と大先輩は語りました。やっと秋になった10月に広報委員は塚本氏(中20)からお話を伺う機会を得ました。

最近の記事

2015年度菊友会行事カレンダー

04月16日(木)
菊友ゴルフ大会:若洲ゴルフリンクス(受付中)

05月23日(土)
評議員会:九段中等教育学校

08月22日(土)~23日(日)
至大荘懇親会:至大荘

10月08日(水)
菊友ゴルフ大会:石坂ゴルフクラブ

10月18日(日)
菊友会大会:ホテルグランドパレス

11月03日(祝)
第23回東京校歌祭:杉並公会堂

11月07日(土)
関西菊友会総会:大阪キャッスルホテル

*高17回卒業50周年記念同期会 2月28日(土)12時 東京ヒルトンホテル
*高42回卒業25周年記念同期会開催年です
ページ上部へ戻る