ブログ

九段中等教育学校の経営評議会・新会長に岡田菊友会会長

九段中等教育学校の経営評議会・新会長に岡田菊友会会長千代田区立九段中等教育学校の平成22年度第1回経営評議会が5月11日に開かれ、高野光正会長(元菊友会会長、現顧問)が退任、新会長に岡田肇氏(現菊友会会長)が選任されました。
評議会は校長の学校経営を支援するため、区立九段開校と同時に設置されました。地域、企業、PA、保護者の代表や有識者など8人で構成されています。
高野氏は九段が都から区へ移譲されるに際して移譲条件の作成に尽力され、当初から評議会のメンバーで、その会長を3年間務められました。
バトンを引き継いだ岡田氏も高野氏とともに行動され、区立九段開校の生き証人です。区立九段が都立時代の伝統を正しく継承するかどうかを見守るには適役といえます。
なお、高野氏は新たに評議会の顧問に就任されました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページ上部へ戻る