ブログ

千代田区立九段中等教育学校 第1期生卒業、菊友会員に

千代田区立九段中等教育学校 第1期生卒業、菊友会員に

3月6日(土)、千代田区立九段中等教育学校は、卒業証書授与式を行いました。第1期生として式に臨んだのは、平成18年4月、千代田区立九段中学校から編入した127人です。
従来の半数にも満たない卒業生数に対して、体育館の式場は大きすぎる空間にも思えましたが、部員100人を超える吹奏楽部が素晴らしい演奏で埋めました。

中等教育学校の制服は、女子はセーラー、男子は詰襟式典の中でとりわけ心をうたれたのは、送辞を読んだ体格のいい5年生男子生徒が、先輩!と呼びかけた途端に涙があふれ、止まらなくなった場面です。5年間を同じ学び舎で過ごし、また編入組同士としての特別な想いの深さでしょうか。かつて5年制を経た大先輩たちの強い絆を見るにつけ、多感な時期を一貫校で過ごす意義に感じ入りました。
卒業生は様々な進路に向かいましたが、注目に値するのは、約2割、25人が浪人を選択したことです。大学全入時代にあって「より高きをめざす」九段精神に母校の充実を見ると共に、来春の実りを期待して止みません。
菊友会は、中等1期生を迎え、市立一中・都立九段中学~都立九段高校~千代田区立九段中等教育学校の卒業生が集う3世代構成時代に入りました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページ上部へ戻る