ブログ

第18回 東京校歌祭♪ 校歌、美しく高らかに

第18回 東京校歌祭♪ 校歌、美しく高らかに10月2日(土)、日比谷公会堂で第18回東京校歌祭が行われ、旧制中学を中心とする参加17校が校歌を披露しました。九段は50人が舞台に立ち、校歌、至大荘歌、至大荘と共に、の3曲を歌いました。伴奏:九段中等教育学校吹奏楽部、指揮:高橋省司先生(同顧問)という豪華版です。
初めて歌った「至大荘と共に」の出来映えは上々。ブラバンのリズムに乗り、指揮に導かれて、最高の歌唱ができたと気持が高揚するほどでした。
最年少参加の松本みなみさん(高56)は「こんな菊友会行事があるなんて」と大感激。中澤忠光さん(中18)は「昭和20年3月、大戦中のどさくさで5年間のところを4年で卒業、母校のよさを分からずじまいでしたが、今になってこうして後輩、現役のブラスバンド部員の方々と日比谷公会堂で高らかに校歌を歌う。母校のよさをかみしめています」とお便りをくださいました。
丸1日を割いてくださった先生、生徒の皆様、ご寄付で出演を応援くださった皆様、ご協力に感謝致します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページ上部へ戻る