ブログ

第6回九段中等教育学校入学式

入学式4月6日(水)午後2時から「第6回九段中等教育学校入学式」が有楽町朝日ホールで挙行されました。今年の新入生は159名。
 倉田校長は、個性的自立を目指し、自分の良さ・可能性に気づき、夢・目標に向けてチャレンジして欲しいと式辞を述べられました。新入生全員に課せられる恒例の課題論文の今年のテーマは「時、今私に出来る事」。
 千代田区教育委員の挨拶に続いて、新入生を代表して戸根木希さんが、「6年間様々なことにチャレンジし、未来の扉を開けるべく努力して、この千代田区から日本を 引っ張って行きたい」と、岡田圭史君が、「社会と接する機会が多い九段中等で、国際社会について学習し、英語力を身につけて世界で活躍したい」と力強く誓いの言 葉を述べました。
 最後に在校生40名が吹奏楽部の伴奏で校歌を披露し入学式を締めくくりました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページ上部へ戻る