ブログ

九段メモリアル(2) 日本初の高校生「なでしこ」

週刊誌「セブンティーン」No43より転載無敵の「九段高校サッカーゼミ」
なでしこジャパンの快挙で、日本に女子サッカーリーグがあるのを知った方は多かったはず。実は1960年代からサッカー女子は全国にぽつぽつと出現したそうな。そして1975年には、日本初の6チームでのリーグ戦が行われたのです。その中に唯一の高校チーム、その名も「九段高校サッカーゼミ」!

前列左2人目の佐藤(遠藤)美佐保・高29は菊友会の、5人目の山口(河口)江理・高30は社団法人九段の事務局員として奮闘しています幻のようなこの話は、当時日本中を席巻した学園紛争のあおりで課外活動が必須単位になった賜物です。若く、ハンサムな大貫暁先生が「女子のためのサッカーゼミ」を開講し、3年後にゼミ生は25人に。女性誌のグラビアを飾るほどの強豪チームに成長しました。関東に敵はなく、関西遠征授業?までしたということです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページ上部へ戻る