トピックス

  1. ロンドン時代を振り返る写真展 与田弘志さん(高13)

    九段卒後、イギリスで写真を学び、1966年、ポップカルチャー華やかな時代のロンドンにスタジオを構えてファッション界で大活躍。帰国後は資生堂、サントリー、ナショナルなどの広告写真を手がけ、94年毎日広告デザイン賞最高賞を受賞しました。展示会は7月31日まで御茶ノ水、湯島聖堂近く「bauhaus」で。

  2. まんが作家プロデビュー 野口亜希穂さん(高55)

    成城大学4年生時より漫画雑誌『あすか』に倖野すずのペンネームで「姫様騎士’s」を連載していた野口さん。4月に角川書店から単行本になって発売されました。漫画家になるのは小さい時からの夢。ペンネームは、在野にあって人を幸せにする漫画を描く、すずは風鈴の鈴からつけたそう。

  3. インターナショナル記録 菅谷真理子さん(高56)

    九段高3年生時、100m自由形で夏のジュニアオリンピック第4位の成績を挙げた菅谷さん。慶應義塾大学進学後も快記録を重ね、昨9月のインカレ200m自由形で第3位(2分3秒03)。

  4. NHK放送文化賞受賞 田中徹二さん(高5)

    昭和39年から30年間NHKラジオ第2放送で毎週1回、盲人の時間(30分番組)の企画制作に関わるほか、番組委員会委員として44年間にわたりNHKに協力してきた田中徹二君が、NHK放送文化賞を受賞しました。今回の受賞者は俳優の渡哲也や藤村志保など6名で、3月21日、受賞式が行われました。

  5. 哀悼 故 松本定雄先生(国語)

    昭和23年~37年の間、母校で教鞭をとられた通称ガマさんこと松本定雄先生が平成19年11月9日亡くなられました。享年93歳。3人のご息女に看取られ、ご自宅での大往生でした。熱心な教育者であられた先生を慕う者は多く、独特のゆっくりと噛んで含めるような口調は忘れ得ないものです。

  6. 学校経営評議会 – 高野光正氏(高4)会長に就任

    九段中等教育学校は、公立では先進的な「学校経営評議会」を設置しています。7月、同評議会会長に高野光正氏(菊友会顧問)が就任しました。副会長は池本修一氏(日本大学教授)。評議会は、中等教育学校の教育活動を評価、検証し、経営診断、教員の顕彰、特待生の審査等を行います。

  7. 九段高校「健康教育週間」 – 養老孟司さんオープン講座で講演

    全国版で評判の九段高校「健康教育週間」。平成19年度は12月11日~15日にわたって実施されました。菊友会先輩が助言者となる「現役生徒との異世代コミュニケーション」に続く最終日は、全都民が対象のオープン講座。養老孟司氏が「人生で一番大切なこと」について講演しました。

  8. 九段中等教育学校 初の至大荘行事 – 荒天の中、泳いだ中等4年生

    九段中等学校は7月31日~8月4日、4泊5日で千代田区立として初の至大荘行事を行いました。高校1年生に当たる中等4年生123人が参加、教職員ほか、卒業生40人が游泳助手、保健助手として行事を支援しました。

  9. 至大荘の 歴史に新たな1ページ

    2007年、開設80周年を迎えた至大荘に、記念すべき新たな歴史の1ページが加わりました。7月31日~8月4日まで、中等学校”初”の至大荘行事が4泊5日で行われたのです。4年生123人が参加しました。中等学校内では当日を迎えるまで不安と戸惑いがあったといいます。

  10. クロスカントリーレース – 女子の元気、圧倒的

    11月22日(木)、真っ白な富士山も見える快晴の中、クロスカントリーレースが尽性園で開催されました。3年生は受験準備のため不参加、中等学校から進級した4年生(高1)の参加も無く、2年生男子65人・女子187人の合計252名が健脚を競いました。

最近の記事

2019年度菊友会行事カレンダー

4月11日(木)   菊友ゴルフ大会 石坂ゴルフ倶楽部
5月18日(土) 評議員会 九段中等教育学校
8月24日(土)~25日(日) 至大荘懇親会 至大荘
10月20日(日) 菊友会大会 ホテルグランドパレス
10月27日(日) 第27回東京校歌祭 杉並公会堂
11月17日(日) 関西菊友会 大阪キャッスルホテル
11月20日(水) 第68回菊友ゴルフ大会 佐倉カントリークラブ
◇高21回卒業50周年同期会 6月1日(土)ホテルグランドパレス
ページ上部へ戻る