トピックス

  1. 第6回吹奏楽部定期演奏会 2014/3/22

    幅広いレパートリーから全12曲を披露今春の3月22日、中等教育学校吹奏楽部による第6回定期演奏会が国立オリンピック記念青少年総合センターで開催されました。

  2. 生徒達の熱気が爆発した体育祭2014/5/16

    九段の3大行事は創立時から今に至るまで、体育祭・至大荘・九段祭であることは変わりません。この九段の綿々たる伝統行事が今年も1~6年生の汗とパワーの結集によって、同じ目的に向かって最大の力を発揮している場面を、自分達の九段時代を想い起しながら熱い思いで見守りました。

  3. 中等教育学校第4代校長に就任した 坂 光司氏(55歳)

    4月1日付けで着任されました。前職は、荒川区立第四中学校長。東京学芸大学教育学部卒業後、都立大島高校教諭を皮切りに都立高校で保健体育を担当するなど教育現場を経験。その後、東京都教育庁や千代田区教育委員会の指導部署で行政職を歴任。

  4. 至大荘の太鼓、蘇る2014

    法人九段はこの冬、九段高校時代から至大荘に置いてあった太鼓を修理しました。皮の張り替え、鉄鋲の交換、胴の塗り替え等80数年振りの化粧直し。直径2尺(60cm)の長胴太鼓には、第一東京市立中学校、天也空地也空と刻まれた文字も当時のままに再現され見事に蘇りました。

  5. ~九段歴史散歩~プールサイドに残る82年モニュメント

    地下温水プールサイドにモニュメントが残る。1932(昭和7)年10月竣工の屋内プールにはコース番号があった。そのプールが戦争を越えて、55年後の1987(昭和62)年に改築された。その際にコース番号が残る事になった。

  6. 九段歴史散歩 今も残る旧沖縄藩邸の石垣

    中等教育学校の東側、早稲田通りに面して間知石積の石垣が見える。この石垣は琉球国王・尚泰氏の邸宅を囲んでいた塀の基礎である。尚氏は琉球王国のラストエンペラーであり、明治維新後の1872年に明治政府より首里城から東京移住を命令され、華族として九段の地に藩邸を与えられた。

  7. 寄贈図書紹介

    母校にあなたの著作品を!!-菊友会では会員の著書や作品を母校に寄贈する事業を都立九段高校時代から続けています。

  8. 「ありがとう山文」

    「山文(やまぶん)」の呼び名で親しまれていた山本文郎君が亡くなった。3年間同じクラスで過ごした九段時代から60年余にわたる交友。まさに終生の友だった。思うに彼はアナウンサーになるために生まれてきたような気がする。1年生の時だったか、国語の授業で講堂のマイクを使い放送劇の真似事をしたことがある。

  9. 至大荘施設の整備 -戦後史-

    1927年に完成した至大荘は戦争により荒廃したが、1951年、至大荘行事の復活に伴って失われた建物の再建が順次進められ、現在に至っています。

  10. 2013年至大荘懇親会(35回目の菊友会至大荘)

    8月17日~18日に至大荘懇親会が総勢84人の参加で無事終了した。初日、勝浦東急でプレゴルフ大会、夕方から懇親会、歌声喫茶、2日目、勝浦朝市、バーベキュー、最後に集合写真と、楽しい時間を過ごし、次回の再会を約束し解散。後日、この会の歩みを紐解くと、昭和54年の集義寮建て替え落成式に辿りついた。

最近の記事

2017年度菊友会行事カレンダー

4月13日(木) 第63回菊友ゴルフ大会:若洲ゴルフリンクス
5月20日(土) 評議員会:九段中等教育学校
6月14日(水) 復活マスコミ菊友会:小田急ホテルセンチュリーサザンタワー
7月1日(土) 菊友会報第99号発行
8月19日(土)〜20日(日)至大荘懇親会:至大荘 至大荘懇親ゴルフ会(8/19)
10月1日(日) 東京校歌祭:サンパール荒川
10月5日(木)第64回菊友ゴルフ大会:石坂GC
10月29日(日) 菊友会大会:ホテルグランドパレス
11月18日(土)関西菊友会総会:大阪キャッスルホテル
1月1日(金)菊友会報第100号発行
*高19回卒業50周年記念同期会*高44回卒業25周年記念同期会 開催年です
ページ上部へ戻る