トピックス

  1. 芥川賞受賞作家安岡章太郎さん(中10)逝去1920~2013

    転校先でいじめに母校同窓生の中で著名人は?と問われれば昭和生まれなら、まずこの人の名が挙がる。1951年デビュー作『ガラスの靴』がいきなり芥川賞候補作。2年後『悪い仲間』『陰気な愉しみ』で芥川賞に。その後も名だたる文学賞を総なめにし、対談の名手としても名高い。

  2. 受け継がれる伝統の体育祭

    炎天下で熱気こもった応援合戦!5月18日(土)、九段中等教育学校の第8回体育祭が校庭で開催され、全学年が赤、青の二組の団に分かれた対抗戦で熱気ある競技と応援合戦を繰り広げました。生徒たちは強い日差しの中、猛練習を重ねた数々のすばらしい競技・演技に、精一杯頑張っていました。

  3. 第5回吹奏楽部定期演奏会

    世界的若きチェリストと共演!今年は「第6回若い音楽家のためのチャイコフスキー国際コンクール」で日本人として初優勝された、中等教育学校出身(5回生)の上野通明さんをゲストに迎え、熱い演奏会が開かれました。

  4. 伝統のクロカン

    2月22日(金)快晴とは言えまだ肌寒く風の吹く中、1年生から5年生までの男女全生徒がそれぞれの距離に挑戦し無事に尽性園に戻ってきました。ゴールでの応援にも熱が入り、青春時代の思い出が鮮明によみがえり、清々しい1日でした。

  5. 公益社団法人九段 至大荘だより~至大荘・新「正寮」完成とかぶらぎ丸廃船

    その1かぶらぎ丸廃船至大荘には8隻の監視用小型船がある。その内、唯一の木造船「かぶらぎ丸」が昨年12月に廃船となった。昭和49年に小型船舶登録をした記録からすると、39年間、毎夏守谷の浜で九段生の游泳訓練を支えてきた老朽船だ。廃棄するには忍びなく、艇庫に眠らせてある。

  6. 吹奏楽部55周年記念演奏会

    九段中等の吹奏楽部は都立九段高校での創部から今年55周年を迎えます。これを記念して、本年12月22日(日)新宿文化センター大ホールにて在校生・卒業生合同の記念演奏会を開催します。詳細は次のURLをご覧ください。

  7. 菊友囲碁会紹介

    菊友囲碁会は、年に5~6回程度、碁会を行っています。そのうち2回は戸山高校との対抗戦です。場所は、東京駅八重洲地下街にある泉囲碁サロン。参加費は1,000円です。参加者は、15人程度で、棋力は6段から級位者まで幅広く、ハンディ戦で対戦します。

  8. 4回生合格実績(延べ人数)卒業生139名

    <平成25年3月25日現在>平成25年3月25日集約 4回生合格実績・延べ人数・卒業生139名 一覧表(PDFファイル)(要AcrobatReader)...

  9. 引き継がれる九段の教育~倉田校長と井上理事長の対談行われる

    都立九段高校は平成18年4月千代田区立九段中等教育学校へと移行し、今年で8年目を迎えました。区立中高一貫教育校の教育は都立高校時代とどう変わったのか?そして、今年の卒業生の合格実績は?5月15日校長と理事長の懇談が実現し、中等教育学校の現況について伺いました。

  10. 夏の至大荘懇親会89人で 8月18日~19日

    今年の参加者数は昨年比5人減でしたが、初日、2日目と概ね天候に恵まれ、土曜の懇親会で至大荘を原点とした菊友会の和を確認し、そして日曜は朝の海岸清掃で自然に感謝しつつ青空の下海水浴を満喫しました。今回は一中卒の参加がなく、最年長は鍛治利秀氏(高4)、最年少は川船浩右氏(高43)でした。

最近の記事

2018年度菊友会行事カレンダー

4月12日(木) 第65回菊友ゴルフ大会:若洲ゴルフリンクス
5月19日(土) 評議員会:九段中等教育学校
6月13日(水) マスコミ菊友会:小田急ホテルセンチュリーサザンタワー
7月1日(日) 菊友会報第101号発行
8月25日(土)〜26日(日)至大荘懇親会:至大荘 /至大荘懇親ゴルフ会(8/25)
10月4日(木)第66回菊友ゴルフ大会:石坂ゴルフ倶楽部
10月21日(金) 菊友会大会:ホテルグランドパレス
11月3日(土)第26回東京校歌祭:杉並公会堂
11月17日(土)第35回関西菊友会総会
1月1日(火)菊友会報第102号発行
*高20回卒業50周年記念同期会*高45回卒業25周年記念同期会 開催年です
ページ上部へ戻る