トピックス

  1. 4回生合格実績(延べ人数)卒業生139名

    <平成25年3月25日現在>平成25年3月25日集約 4回生合格実績・延べ人数・卒業生139名 一覧表(PDFファイル)(要AcrobatReader)...

  2. 引き継がれる九段の教育~倉田校長と井上理事長の対談行われる

    都立九段高校は平成18年4月千代田区立九段中等教育学校へと移行し、今年で8年目を迎えました。区立中高一貫教育校の教育は都立高校時代とどう変わったのか?そして、今年の卒業生の合格実績は?5月15日校長と理事長の懇談が実現し、中等教育学校の現況について伺いました。

  3. 夏の至大荘懇親会89人で 8月18日~19日

    今年の参加者数は昨年比5人減でしたが、初日、2日目と概ね天候に恵まれ、土曜の懇親会で至大荘を原点とした菊友会の和を確認し、そして日曜は朝の海岸清掃で自然に感謝しつつ青空の下海水浴を満喫しました。今回は一中卒の参加がなく、最年長は鍛治利秀氏(高4)、最年少は川船浩右氏(高43)でした。

  4. 九段中等教育学校 平成24年至大荘行事

    平成24年夏、九段の伝統である至大荘行事が千葉県勝浦市守谷の至大荘で行われました。前年は3.11の影響で自粛、その為24年度は2学年(2期)の実施となり、5年生120人が前期(7/23~7/27)、4年生148人は後期(7/30~8/3)とそれぞれ4泊5日の至大荘生活。

  5. 伝統継承HR

    昨年は1年生と2年生を対象に2度実施されました。生徒達の感想文を紹介します。・九段の伝統はすばらしく誇れるようなものばかりで、とても良い学校だと感じた。・たくさんの先輩がいて、中でも4人も星の名前になっているのに驚き、すごいと思った。・部活動が先輩の支えの基に活動していることを知り驚いた。

  6. 公益社団法人九段からのお知らせ~至大荘・正寮建て替え決定

    至大荘の正寮・気寮(1975年竣工)は既に37年が経過し、雨漏りなどは応急処置で凌いできましたが、法人九段の理事会で建て替えが決定しました。昨年末から基礎工事が始まり、完成予定は今年の6月下旬。新しい正寮は現在の正寮・気寮を一体化します。

  7. 夏季至大荘宿泊と親子の臨海体験

    法人九段は平成24年夏も2泊3日の夏季至大荘宿泊を行いました。(8月8日~18日まで)これは九段の卒業生・旧職員およびその家族を対象に例年おこなっている行事。166人が至大荘の非日常生活を楽しみ、違う世代間での卒業生交流をする姿も見られました。

  8. 第20回記念東京校歌祭 過去最多の85人で校歌など大合唱

    10月6日(土)、第20回目という節目の東京校歌祭が日比谷公会堂で開催され、旧制中学を中心とする参加17校の他、東大・一橋大・慶大・早大が特別参加しました。我が菊友会はトップで出場。舞台には九段中等教育学校吹奏楽部生徒32人を加えた85人で過去最多の出演人数となりました。

  9. 生徒達の素晴らしい活躍

    中等教育学校の生徒達は昨年、多方面で受賞しました。今年も期待できそうです。

  10. 一星会だより~小惑星番号「9414」に高19回村上氏命名される

    昨年7月国際天文学連合(IAU)小惑星センターによって、小惑星番号「9414」 に一星会会員の村上昌己氏(高19)の名前が付けられました。小惑星の場合は彗星と違って発見者の名前が付けられるのではなく、発見者が命名権を持っていてこの人が天文学の発展に貢献した人物の中から名前を付けるのが通常です。

最近の記事

2019年度菊友会行事カレンダー

4月11日(木)   菊友ゴルフ大会 石坂ゴルフ倶楽部
5月18日(土) 評議員会 九段中等教育学校
8月24日(土)~25日(日) 至大荘懇親会 至大荘
10月20日(日) 菊友会大会 ホテルグランドパレス
10月27日(日) 第27回東京校歌祭 杉並公会堂
11月17日(日) 関西菊友会 大阪キャッスルホテル
11月20日(水) 第68回菊友ゴルフ大会 佐倉カントリークラブ
◇高21回卒業50周年同期会 6月1日(土)ホテルグランドパレス
ページ上部へ戻る